ャ 膊∞脂 c
≪鐚c激潟違ャ

【楽天市場】シャトー・パルメ [2002] AOCマルゴー・メドック格付第3級 Chateau Palmer [2002] AOC Margaux 【赤 ワイン】【フランス】【ボルドー】:Donguriano Wine - 24af5

2019-03-10
カテゴリトップ > 生産地 > フランス > ボルドー > マルゴー
シャトー・パルメ [2002] AOCマルゴー・メドック格付第3級
Chateau Palmer [2002] AOC Margaux 【赤 ワイン】【フランス】【ボルドー】
ChateauPalmer シャトー・パルメ - vivaldi.org.pl

第3級格付ながら、実力は格付一級にせまる勢いを持つとい言われるスーパー第3級、シャトー・パルメ!!

マルゴーアペラシオンで、「シャトー・マルゴー」に次ぐ人気と実力を誇るシャトー・パルメ!!穏やかさと柔らかさが魅力の、飲み頃が長く続くワイン!!!
マルゴーアペラシオンのなかで、一級シャトーのシャトー・マルゴーに匹敵するのがこのシャトー・パルメ。1級と2級シャトーの間の価格帯で取引されており、それはボルドーのワイン商や海外の輸入業者、世界中の消費者がこのワインに高い価値を見出している証拠です。小塔のある印象的なパルメのシャトーは、小さなイッサン村の真ん中にあり、ボルドーのワイン街道のすぐ脇にたたずんでいます。 手摘みのブドウは醸造所に届くとすぐに畑の区画と品種ごとに慎重に分類され、驚くことに42もの区画ごとに最適な方法で醸造されます。ワイン造りの特徴は、他のシャトーに比べてメルロの比率が高いことが挙げられます。これがマルゴーらしい香り高さや華やかさの他に、ポムロルのような豊かさや肉付きのよさを与えています。決して、樽香が強く出過ぎることがないパルメは、最初の数年は控えめな印象ですが、次第に洗練というよりも心が安まる穏やかなブーケを育み始めます。その柔らかさが、気高いシャトー・マルゴーとも最も異なる点でしょう。マルゴーの複雑性と個性も備えているシャトーパルメ。独特の香り高いブーケ、複雑で妖艶なアロマ、そして滑らかなテクスチュアは飲む者を魅了して止みません。

暗く濃いガーネット色。グラスから湧き立つ甘く染み込んだブラックベリー、カシスのような黒果実、天草やキノコのアロマ。口に含むと、ブラックチェリーとバニラのニュアンスが感じられます。木炭のようなフィニッシュで程良く引き締まります。しっかりとしたタンニンを持っていますが、ビロードのような舌触りでとても甘く、カシスやスミレのような酸味と絶妙に織り混ざります。華やかなアロマと芳醇な味わいが印象的なフルボディ。非常に魅惑的なワインに仕上がっています。

*商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。
【*ご注文の前にご確認ください*】
●こちらの商品は【受注発注商品】になっております。 ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。
●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。
●通常、ご注文から到着までに2〜3営業日(土日祝日を除く)頂いております。
●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。
●【受注発注商品】ですので、基本として、ご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。


≫≫  *当店のヴィンテージワインに関する考え方

■Information
●生産国 フランス
●地域 ボルドー地方 / メドック地区マルゴー村 メドック格付第3級
●ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー40%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド10%
●タイプ 赤・フルボディ・辛口 
●醸造・熟成
●内容量 750ml
●オーガニック等の情報  
●コンクール入賞歴   
●ワイン専門誌評価   
●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。
●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】
●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。
●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。
●注文個数によりお届け日が変わることがあります。
●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。
●輸入元

ChateauPalmer シャトー・パルメ - vivaldi.org.pl

シャトー・パルメ AOCマルゴー・メドック格付第3級
Chateau Palmer [1988] AOC Margaux

Chateau Palmer シャトー・パルメ

人気と実力は格付第一級にせまる勢のスーパー第3級!ロバート・パーカー氏はパルメに満点の★★★★★5ッ星評価!!

 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つを造っている!パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している!!とロバート・パーカー氏も大絶賛!!!

ワイン好きな王として有名だったイギリス王【ジョージ4世】が、愛飲したのが【シャトー・パルメ】です。初代オーナーであったパーマー将軍が破産したため、一時は銀行の管理下に置かれ、1855年の格付けの際には3級に甘んじていました。しかし、その一時期を除けば、常に他の1級シャトーと肩を並べる高評価を得ていたことも紛れも無い事実です。その畑は、【マルゴー】や【ローザン・セグラ】に隣接していて、ジロンド川に向い傾斜しており、マルゴー地区の中でも最高の場所です。そこで栽培された最高のブドウを、卓越した醸造技術を用いて、素晴らしいワインを産み出します。
 比率が高いメルローから華やかな香りと、マルゴーらしい豊満なボディにエレガントな味わい。熟成が進むにつれて、タンニンが柔らかくなり、香りがより一層華やかになった時が真の飲み頃です。
すでに伝説となった1961年を始めとして、このシャトーのオールドヴィンテージはどの年も非常に安定しており、常に高く評価されています。

≪シャトーの歴史≫
 1814年、フランスへ来た【シャルル・パルメ将軍】は、マルゴー地区にあったシャトー・ド・ガスクを購入し、名前を【シャトー・パルメ】へと変更。その後1816年〜1831年にかけ、彼はカントナック、ディッサン、マルゴーの3つの村の土地を買い続け、合計163ha(その内ブドウ畑は82ha)にまで増やしました。1823年、パルメ将軍はエリザベス・アトキンと結婚し、アトキンの協力もあり、ワインをイギリスで広め、【パルメーズ・クラレット】としてロンドンのクラブで、ジョージ4世のお気に入りになりました。
 しかし、1843年、パルメ将軍は個人破産をし、シャトーを手放すこととなり、ウドンコ病が蔓延した1844年〜1853年の間、シャトー・パルメは担保物件としてパリの銀行が管理していました。1853年、ロートシルトのライバルである、銀行家のペレール家のイサック、エミール兄弟がシャトーを購入。その直後から再管理を行い、1855年の格付けには残念ながら間に合わず、3級に格付けされました。現在のシャトーの完成は1856年です。
 レール家は、フィロキセラやウドンコ病の蔓延、第一次世界大戦などの数々の問題から守りましたが、1929年から世界大恐慌のため、シャトーを手放します。1938年には、ボルドーでワイン商を営み、オランダ、ベルギー、ドイツ、ロシアなどに輸出をしていた【マラー・ベッセ】、同じくワイン商で、イギリスへのを輸出を行っていた【シシェル】、ボルドーのネゴシアンである【ジネステ社(現在はシャトー経営に関わっていない)】、購入後シャトーの管理を行うことになる【エドワード・ミアーイ氏】らが、共同でシャトーを購入しました。1950年から、エドワード氏から【ジャン・ブッテイエ氏】へと管理が移り、現在はジャンの息子の【ベルトラン氏】が管理しています。

≪批評家の評価が高いスーパー3級≫
 シャトーの正面にオランダ、フランス、イギリスの国旗があるのは、多国籍のオーナーたちの為です。 ブドウ畑は、900m離れたジロンド川に向かいなだらかに傾斜し、その土壌は、マルゴーの特徴であるギュンツ氷期の石英、水晶、玉髄などが混じった砂利質です。【マルゴー】【ローザン・セグラ】が隣接する、ブドウ栽培に適した場所です。
 パルメの畑では、珍しい品種構成で植えられています。主要品種のカベルネ・ソーヴィニヨンが畑の47%、同量の、47%ものメルローが植えられています。これがパルメのワインに独特のまろやかさを生み出す理由です。残りの6%はプティ・ヴェルド。ワインに深い色とスパイシーな香りを与えてくれ、成熟するのが難しいのがこの品種の特徴ですが、96年まで残っていたカベルネ・フランを全て伐採し、全てこの品種に植え替えました。

≪今では珍しい混植畑≫
 パルメの畑の、1年目の樽貯蔵室のすぐ隣の区画では、ブドウの木に赤い目印をつけ【メルローの区画にカベルネ・ソーヴィニヨンが混じっているため、収穫時期に混入しない為】の印のようです。昔は、混植は珍しいことではなく、ボルドー産ワインがブレンドのワインと呼ばれるのも、こういった混植の為だという説もあります。
 パルメでは、新しい畑では混植はありませんが、古い区画の一部では敢えてこの状態を残しています。目印をつけ区別し収穫を行えば、いいブドウが採れるのだから無理をすることはないとのことです。 パルメの平均樹齢は「35年」ですがシャトー・パルメに使用される区画の平均樹齢は更に高くなっています。「1ha当たり1万本」と、植樹密度を高くしてブドウの木に競争をさせて、より地中深くまで根を伸ばさせるための工夫をしています。

≪収穫と選果≫
 ブドウの収穫は120人の参加者が3週間かけ収穫し、実が潰れないように10Kg入りの収穫カゴに入れ、醸造所に運び、最新の2列4代の選果台にかけます。1回目の選果は、収穫時に混入するブドウの葉、不良果、病果などを取り除きます。除梗機にかけられた後、取りきれなかった果梗や切れた果梗を手作業で除く2回目の選果を行います。それから、ブドウを潰す破砕機にかけ、タンクに送り込みます。

≪熟成:ステンレスタンク≫
 醸造所に入り最初に見えるのは、シャトーの自慢の新しい【台形型のステンレスタンク】です。以前は木製タンクでしたが、1995年から入れ替え、現在では「49基」を所有。この【台形型】タンクは珍しく、現在のところパルメと【ラトゥール】が設置しているだけとのこと。このタンクの利点は、アルコール発酵中には、炭酸ガスのためにブドウの実、果皮、種からなる粕帽が上に押し上げられるのですが、胴型のタンクでは粕帽の上部が乾いてしまい、異常な発酵が始まることがあるのです。しかし、台形型の場合、上部が狭くなっていて最上部までは上がらないため、果汁の一部が上部に残り、こうした弊害が防げます。
 また、【ルモンタージュ】の作業で、色素とタンニンを抽出するため、酵母に酸素を供給するため、上部が乾かないようにする為に行われ、タンク下部からワインを抜き取り、ポンプなどを使って上部からシャワーのように振り掛けます。 下部からワインを抜き取った際には、液面が低下するために上部が、胴型のタンクの場合はその形状を保ったまま下がります。一方、台形型の場合では、下部に行くほど広がっているために、果皮や果実などがほぐされ全体に満遍なくワインが当たります。このため、色素とタンニンの抽出がより効率的に行うことができます。
 28℃の温度で20日間のアルコール発酵と果皮浸漬を行った後、果汁を別のタンクに移しかえて、マロラクティック発酵を行います。この工程が終了後、シャトー・パルメ用のワインは55%の新樽と45%の1回使用した樽に入れられ、3ヶ月に1度の澱引きと1回の卵白によりコラージュ(清澄作業)をしながら、約21ヶ月間熟成させます。

≪セカンドワインでは無い【アルテ・エゴ】≫
 シャトー・パルメが非常に有名な存在のため、目立たない【アルテ・エゴ・ド・シャトー・パルメ(“もう一つのシャトー・パルメ”の意)】。シャトー・パルメでは、1997年まで【ラ・レゼルブ・ド・ジェネラル】というセカンドワインを作っていました。しかし、このラベルは消滅し、出てきたのが【アルテ・エゴ】でした。セカンドワインを造っていた1997年までは、全体の生産量の800%がシャトー・パルメになり、10%がセカンドワインに、残りの10%は“ネゴシアン”に販売していました。
 しかし、【アルテ・エゴ】を作る際にこの比率を一変させて、シャトー・パルメが50%、アルテ・エゴが40%、そして、10%をネゴシアンに販売します。つまり、1997年までシャトー・パルメに使用していたワインの中から、品質が悪いものではなく、早く飲み頃になると判断したワインをブレンドしたものがアルテ・エゴであるという自身なのです。だから決して彼らは【アルテ・エゴをセカンドワインとは呼びません。
 一般的に、セカンドワインとは、【グランヴァンになれなかった品質が劣るワイン】ものというイメージがありますが、そう考えると確かにアルテ・エゴには当てはまらないことになります。アルテ・エゴに対しては、発酵前の低温マセレーションも行ってフルーティさを出すなど、独自のワインとして大事に育てています。

Chateau Palmer シャトー・パルメ
価格
35,353円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
完売御礼、ありがとうございました。

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く